世間のレビューには”攻殻機動隊好きの外人アニオタ監督が作ったオマージュ的作品”という表現もありましたが、それはそれとして完成度が高く、原作のファンも楽しめる作品です。
攻殻機動隊の世界観をうまく映画の世界で表現していて、もちろんCGだらけですが、見ていてワクワクしました。

あとはとにかくスカヨハの美しさを見よ!
本当に人工の身体なんじゃないかというくらいにきれいです。

ビートたけしさんも独特の味があってイイですね。

アニメの声優が声をあてている吹替版がおすすめです。