家族愛がテーマの、緩く観るのにちょうどいい映画でした。劇的な展開はあまりなく、野菜がキーポイントとなり進んでいく穏やかなお話しです。

実写映画にありがちな、原作の代表的なシーンをぶつ切りでつなぎ合わせた感じはなく、原作とはまた別のひとつの物語としてよくまとまっていた印象です。(わたしは原作未読なので原作ファンの方はまた違った感想を持つかもしれませんが)

でもマキと渚が親しくなっていく過程やそれぞれの家族との関係性は連続ドラマのようにもう少し長いスパンでじっくり掘り下げるとより面白かったかなと思いました。

ベジタリアンの渚が作る野菜料理が何品か登場しますがどれも健康的で美味しそう!お肉のかわりに油揚げを使った餃子は実際に作ってみたいですね。