中学校教師の陽平(阿部寛さん)と、大学生の頃にできちゃった婚をした妻・美代子(天海祐希さん)が息子の独立を機に初めて二人きりでの生活を送ることになり、そこからある事件が起きるわけですが・・・。

 

◇陽平のキャラクターや周りの人々の描写が面白かった

陽平はファミレスでもなかなか注文が決められない優柔不断な男性ですが、憎めない夫であり、父であり、中学校教師でもあります。

陽平の教え子や趣味で通っている料理教室の女性たちもそれぞれ家庭に様々な事情を抱えておりその人たちとの関わりを通して、人として、夫婦として大切なことに改めて気づかされていく姿がとても丁寧に描かれています。

いくつか簡単な料理のレシピも出てきて、どれも美味しそうで試してみたいと思います!

◇阿部さんと天海さんの夫婦役が素敵すぎる

阿部さんは私の好きな俳優さんの一人で、阿部さん主演の『結婚できない男』が大好きな私ですが、この映画もお気に入り作品に加わりそうです。

天海さんはできる女性の役のイメージが強いですが、今回の子育てを終えたお母さん役もとてもはまっていたように思います。

阿部さんも天海さんも素敵な年齢の重ねかたをしていて、並んでいる姿は本物の熟年夫婦のようにお似合いでした。

 

観終わった後、穏やかな気持ちになれる温かい映画でした。自分がもっと年を重ねた頃や、夫婦関係が新たなステージに進んだ時にまた観たいなと思います。その頃に観るとまた今回とは違った感想を持つかもしれませんね。